2012年09月25日

潮騒(overture)

■共通諸注意
この物語は千歳本筋RPです
本筋RPは全体の流れとして非人道的(具体的には近親間の婚姻、カニバリズム等)な描写、設定が含まれる場合があります(アップする際に冒頭注意として上げていきます)
背後様が在学中の方はご遠慮願います
性描写はありません
道徳の分別、現実と創作の区別のつく方、上記の非人道的描写をエンターテイメントと割り切れる方のみ、御覧になってください

尚、作品中のゲストキャラクター様には、既に確認と了解を得てアップしている事を明記しておきます

OL大陸SNSにて連載(潮騒、思い出の後先、寝覚め、新しい日々まで)
寝覚めにて彪月嬢に、新しい日々にてパーシャ嬢とセイリオス殿に執筆協力頂きました


千歳本筋RP 第三部:オープニング
2012年9月8〜25日筆



そうして流転する。


.→NEXT
posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月12日

Beautiful Days

posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月11日

慶びの歌をもう一度

posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月10日

little snow & end snow world.

posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月09日

flowery waltz

posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月08日

2012年09月07日

2012年09月06日

星先案内人 2012

posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月05日

ガラドリエール

dory2.PNG


ガラドリエール・D・ツェーン(愛称はドリィ)
20代前半の外見、女性型
ブラックドラゴンを素材にした人形
紫紺をメインにグラデーションのかかった足元まで届く長髪、灰色の瞳
間接部分にはつなぎ目が見えており、耳は骨格が露出しているが、特に隠す方針は無いらしい

『ハンダーカッツェ』の『ウルスラグナ』により覚醒させられた
『ウルスラグナ』と契約を結んでいるため、所属部隊は違うが住まいは一緒
淑女であるようプログラミングされていたため淑女然と振舞うが、まだ目覚めて1年程のため、世間一般の常識には疎い
恥ずかしがりや

全身画の白いドレスはマナを精製して作られたもので、戦闘時にのみ身に着け、破れたりしてもマナと引き換えに再生可能の代物である
普段は仕立ての良い街娘の格好をしている

戦闘人形として開発された訳ではないようだが、戦闘に特化していたため『ウルスラグナ』の護衛のように付き従っていた
今は「自分のやりたい事を探しなさい」との言葉から、ティーラ&クロスの傭兵チームに所属している
機動力に長け、その両手で掴んだ対象は否応なく彼女の養分になる
両腕の芯は竜の顎の骨から出来ているため、両手から腐食のブレスを出したりも出来るらしいが、今のところ活用方法を見出せてはいない


HP吸収と機動力に長けています
無属性なので囲まれて殴られない限りは、どの相手でもコンスタントな攻撃→回復の永久機関が出来ると思います
posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己/英雄クロニクル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月04日

クロス・パール

cross.PNG

クロス・パール
15歳、女性
草木を思わせる緑の髪、緑の瞳を持つ剣士の少女
年齢にそぐわない程に背が低い
今のところは『現出』した時の装備をそのまま使用しているが、機会を見て変えたいとは思っている様子
赤いリボンを愛用
小さな身体に不釣合いな大剣『世界樹』を得物とする

幼く見える外見と同じくらい精神面も子供っぽく、猪突猛進であり天真爛漫
草花や樹木から無条件で愛され、彼らから分けられた生命力を他者に分け与えることで回復魔法を執行する

ある日、何の脈絡も無く突然、時空のゆがみが発生した空から落ちてきた
過去の記憶はあまり無いらしい
ひとまず強い庇護欲を感じたティーラが保護し、食べるための傭兵チームを結成
そこにドリィが加わり、今の形に落ち着く


回復剣士です
攻撃を魔力に変換させて使うため、必然と攻撃力は高くなります
主にティーラの支援役に当たらせています



異世界における樹木・・・つまりは命そのもの・・・の―――を司る神官の一人
戦争により、その心に深い傷を負い役目を続けることが叶わなくなったため、治療のために『この世界』に飛ばされてきた
記憶は消されている

その魂は循環する
posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己/英雄クロニクル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする