2008年10月09日

完走報告(千歳)

るちる嬢に誘われてスタートしました題詠2008
どうにかこうにか完走することが出来ました
えへへ、初めての参加での完走だなんて、なんだかじんわりこみ上げてくるものがございますね
・・・まぁ、質の方はともかく

いえ、本当に
ひたすら質より数をこなす方に重心を置いておりましたから
より率直で不慣れで若い歌が多くございます
人間性の薄さが、よぉく出ました(笑

それもきっと今じゃ無いと作れない歌なのだと思えば
この愚直な100首は愛すべきものなのでしょうね

ともあれ、来年の事を言えばなんとやらと申しますが
あるとするならですけれど来年の目標は・・・参加名は千歳ではなく、背後様のHNの方で参加させていただきたいなぁ、と(笑

そんなこんなでお付き合いいただいた皆様には、並々ならぬ感謝の気持ちを
最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!
posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 題詠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

100:おやすみ(千歳)

初めての おやすみ、貴方に 言った日と
延長線で 繋がる、おはよう


posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

099:勇(千歳)

放課後の 特攻部隊 いってきます
チョコひとかけに 勇気をのせて


posted by 夏山千歳 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月06日

098:地下(千歳)

広大な 迷宮、地下に 広がって
貴方のなかにも 私のうちにも


posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

097:訴(千歳)

「愛してよ」 木霊のように 心地良い
その訴えを もっと聞かせて


続きを読む
posted by 夏山千歳 at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

096:複(千歳)

貴方だけ その一言が 言えなくて
重複された メモリーを焼く


posted by 夏山千歳 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

095:しっぽ(千歳)

君の 黒髪のしっぽ 夏の日に
触れた、甘い汗の 薫りをきく


posted by 夏山千歳 at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月02日

094:沈黙(千歳)

この庭で 眠る娘は 沈黙の
金木犀 あの香りの下で


posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月29日

093:周(千歳)

決められた 逢瀬のように 何週も
何周も回ります あの月は


posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

092:生い立ち(千歳)

紙に記されぬ 生い立ち 貴方には
知って欲しいの 恋という名の


posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

091:渇(千歳)

この肌へ 染み入るものが 乾く時
渇望の字を 初めて知った


posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

090:メダル(千歳)

足は遅い けれどお豆の 僕だから
人生一度の 銀紙のメダル


posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

089:減(千歳)

僕達を 繋ぐ電波は 入滅の
君の泣き声を 拾い届けます


posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

087:天使(千歳)

くちばしを あけて確かめる 天使さん
何時もキャラメル 時々いちご


posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

086:恵(千歳)

正月の 恒例行事 「あっちゃんは
おばあちゃん似ねぇ」 この恵比須顔


posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

085:うがい(千歳)

ほら、明日 いよいよ受験日 なんだから
風邪ひかないでね 手洗いうがい


→NEXT
posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

084:球(千歳)

館山と 東京湾と 琉球の
海、私が見た ことがあるのは


posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月19日

083:名古屋(千歳)

名古屋弁って 可愛いよね みゃあみゃあと
波止場で回る うみねこみたい


posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

082:研(千歳)

星を拾ったと 笑う君 研磨する
ゴメンね、私 ただの石なのに


posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

081:嵐(千歳)

僕と云う 山に晴嵐 立ち込めて
まなこの先の 君が見えない


posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする