2008年06月24日

夏祭りに向けて

狐のお面、再販開始致しました

椿の櫛を下げまして、夏の風物詩という事で品換え致しました
ちょっと割高になって店頭に並んでおります(笑
スウィーティー・アップルもそもそもは秋限定の商品なのですけれど
悲しいかな、絵筆の新調がいまだならずなので、新商品開発も出来ずにいるのです

今回の狐のお面開発で、ようやく弱中消費が全て揃いました
商人の間の宣伝スレには明記してありますが、商品の説明文自体には書いてありません故
不親切な設計で何時も申し訳なく思っております
今の所はこのような形で・・・

攻撃中消費:狐のお面
築城中消費:覆いガラスの薔薇
攻撃弱消費:ミル(パスワード付き、画像変更受付升)
築城弱消費:スウィーティー・アップル

今度とも【Le Petit Prince】を宜しくお願い致します(ぺこり

さて、宣伝はこの辺にしまして
本日から新しいコロシアムへ通う事となりました
今まではゴアでしたが、これからはボルダームなのです
試合結果一覧を眺めるだけでも、見知った名前が幾つも並んで・・・何とも気が引き締まりますね
そんなこんなで早速の初戦!

見事に砂漠のお国の方とぶち当たってしまいました

見事にラ・デルぶち込まれてTKOにございました

蝶のように舞い、蜂のように刺す
正に、この事だと勉強させていただきました・・・!
勉強と申しますと、一方的ながら以前から存じておりました方と以前のコロで連日対戦させていただいたのです
偶然とは言え、それがきっかけで話す事が出来たのは、千歳にとっては大きな収穫にございました
・・・ですが別に千歳は倒されてあぁそんなとか悦んだりはしませんからね!?ジフィ殿!

(参照は此方)
posted by 夏山千歳 at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

夜を超え、僕を乗せて

雨のおちる音を聞きながら、ぼんやりと。
窓際で煙管燻らす夜。

昨夜はとても楽しかった。
好ましく思っている沢山の人々と過ごす時間は格別だ。
極上の音楽、極上の御酒、極上の相手。
そういったものに勝るとも劣らない、それを格別と呼ぶのだと思っている。
思っている。

今夜は雨のおちる音を聞きながら、ぼんやりと。
そのうちに水音があまりに寂しくなって・・・大好きなものでも、ずっと続いていればそれは寂しくなるんだよ・・・聞くのも辛くなって。
ピアノの旋律で耳に蓋をした。

考えねばならない。
積み重ねてきた思考こそ私の誇れるものだから。
雨音をBGMに思想を繰り広げるなんて、贅沢じゃないか。
そうは思っても散策のうまくゆかない夜もある。

いっそ目の前から消えて傷を付けてしまおうかと、叫びたくなって。
・・・まるきり子供の手段だと、掌の中で握りつぶした。
情けない心持で窓枠に顔を伏せる。

要るのだと、言うてほしかっただけなんだよ。

それを伝える術を見つけられぬ自分の情けなさに押し潰されそうだ。
若い心なのだなぁと、俯瞰で見ながら。
夜が明ければ記憶も整理されようと、期待を抱きながら。
愛しい気持ちは遠い。
posted by 夏山千歳 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月22日

月下美人とロックの話(カエル帽子もあるよ!)

近頃はせっせと、ご友人やお近づきになりたい方などにお花を配っております

月下美人と呼ばれる肉厚の、砂漠に生息するお花
お色は決して鮮やかではありませんが、乾いた土地に生きる独特の生命力を感じるのです
お気に入りはついつい周囲の方にも知らせたくて仕方なくなります(笑
さて、本日は国外の事についてお話致しましょうか

ERENのリーダー、瑞希様が大聖堂にてご結婚されたそうで
婚約の決定も式の実行もお早くて、千歳は少しビックリしてしまいました
ですけれど、伴侶様とは長くお付き合いがあったとお聞き致します
どうぞお二方の仲が婚姻という形により、益々強固なものとなります事を
幸福を、お祈りしております

と口にしつつ、式自体には満足に参加も出来ず大変申し訳ありません・・・!(土下座

大聖堂と申しますと、外交の間のロックフェス
あれてっきり国内の方のみの参加だと思い込んでおりました
途中から国外の方も参加自由とわかりましたので、最近は足しげく通っておりますが(笑

ロックとは魂の文化とお聞きします
正直、千歳は其方の方面はさっぱりなので語ることさえ、おこがましいとは思いますけれど
だからかしら
何だか決して・・・優雅な空間ではありませんが、それがとても好ましく映るのですよ
千歳自身はそもそも優雅な方では決してありません
そういうフリをすることはありますが、あくまでフリなのです
だから惹かれるのでしょうか(笑

そういえば
現在の千歳の姿(顔絵)が一部で好評なご様子
カエル帽子はね、実は千歳が此方の大陸に足を運ぶきっかけとなったヒトツなのですよ
まだ何処かで売られているのかしら

それにしても・・・にゃんこさんがカエル帽子を被られたら
そのお可愛らしさは殺人的にございますよねぇ、きっと (´▽`*(ほわわ
posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

真夏ノ夜ノ夢

真夜中の招待状に誘われて
足を運んだ先は、なんとも摩訶不思議な世界にございました・・・



.→真夏ノ夜ノ夢 開店
posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月18日

あめあめふれふれ、さばくのなかで

さて
何かと久々すぎる日記となってしまいました
背後様事情で満足に動けなかったのもありますが
実はこっそりと題詠のストックも尽きてしまいましたのも、あるのです
・・・また考え溜めねばいけません
もう少しで折り返し地点ですものね
ふぁいとおーにございます!

先日、マリオン砂漠ことバルト騎士修道会へ入国致しました
以前の日記で何処かお誘いいただけないかしらと呟いておりましたら、サフィア嬢が拾ってくださって
えへへ、嬉しゅうございますねぇ
短くとも今月いっぱいはお邪魔させていただく心積もりにございますから
改めて・・・どうぞよろしくお願い致しますね

砂漠の土地は初めてで、照り付ける太陽の強さに驚きました
千歳の故郷は割合、夏は暑く蒸す場所でしたけれど
砂漠の夏はからっと暑うございますね
ユキ嬢が溶けてしまわないかが少し心配(笑

今は雨乞いのために日に一度、色々工作したり
喫煙所でまったりしたり
しりとりしつつ、ついでに(ぇ)勤務値報告したり
そういえば先日
お国を挙げて経営されていたバーに行ってまいりました
188cm+底上げでも勝てぬ高身長のヴィーナスの懐は恐ろしゅうございました
・・・そして交流会に参加していないのに、やっぱり女装必須と念押しされました
その上、気が付いたら千歳は女装美人キャラになっておりました
ぇええええええええ

何と申しますかヴィーナスというよりナーヴァスにございます
いえいえ、大変楽しゅうございました
背後様とか始終笑いっぱなしでした
とゆか千歳はあのままちーた様にテイクアウトされたでFA?
いえ、冗句ですけれど
posted by 夏山千歳 at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月17日

旅日記

■六月九日@千歳

生まれた瞬間から蝉の抜け殻でしかない人も居た

瑞々しく柔らかなイソカ
間接の精密さは美しく、黒い眼球は移りゆく空を映すだろう
次第に色付く身体は日の光を吸収して、硬く伸びやかに成ってゆく
空気を叩く透けた水色の翅は心音だ
小刻みに、小刻みに

それが身の内に無いことに気付いた衝撃は
如何程のものだろうか
自分にあるものはもぬけの殻だったと

私には解らない
私の殻の中には黄緑色の蝉が居るから
当たり前を当たり前と享受している恵まれた人だから
私は、生まれた瞬間から蝉だった
でも、生まれた瞬間から蝉の抜け殻でしかない人も居た



■六月十三日@千歳

そういえば
砂漠のお国へ伺う事、ご友人から国内へ伝わっていて
少し驚きましたが
考えてみたら道理にございますね
政務に関わっていらっしゃる身であれば話題にも出ましょう
でもこうして歓迎していただけるのは、とてもとても嬉しゅうございます

そう、彼女が政務に関わっていらっしゃること、実は殆ど意識したことが無かったのです
どうにも其方の方面の話には、とんと疎く
そして興味のアンテナも、そうそう向けられる事は無いようなのです
これは最早、性分なのでしょう

ですからそういった類の疑りや勘繰りは、全くありません
貴女とまた遊びたいと思う、子供のような嗜好の人間なのです
重ねて、ありがとうございますね



■六月十八日@千歳

人と人が交差して生きる意味が生まれる
特にこの世界でその傾向は大きなものでしょう
ですから日記であれど絡んでいただけるのは千歳は嬉しゅうございますよ

流砂の行き着く果てに広がるアンダーグラウンド
そこに沢山の船や人や蝉があるのなら、きっと壮観にございましょうね
光が射さぬなら灰色の世界でしょうか
それとも存外に藍色の世界でしょうか
何だか優しい気がするのです
日の入りの色と似ておりますから

夕焼けに愛しさを感じるのは
きっと何処へ足を運んでも変わりませんでしょう
オレンジから紫、水色、緑、藍へ
流砂の流れも同じ仮定を歩むのでしたら
一度で良いから砂の中で眠ってみたい
そんな事を思うのです
posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月13日

野良猫100匹に聞いてきました

某お花さんの日記からこっそり頂いて参りました

野良猫さんに人物評価をしていただけるそうです
しかも100匹です、なんとも豪勢じゃありませんか
想像しただけで萌えます
そんな余談はさておき、それでは早速聞いて参りましょうか


野良猫100匹に聞いてきました


結果-----------------------------------------------------------


夏山千歳さんの結果内容を下記に報告します。


夏山千歳さんの事を74匹が撫でられたいと思ったそうです。
夏山千歳さんの事を25匹が眠そうだと思ったそうです。
夏山千歳さんの事を1匹がマーキングしたいと思ったそうです。



最後の一匹出てらっしゃい
posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月31日

恒例

またこの時期がやって参りました
一気に纏めて近況報告日記にございます

少し前、リラクス殿と異界の文化について語り合いました
大正と呼ばれる時代
人々の間に思想が膨らみ、それを譲らなかった日々
不便なことを愛おしいと想うレトロジカルな記憶
その世界について語り、互いに想像を膨らませておりましたところ、素敵な短編を仕上げてくださったようで
気になる方はリラクス殿の日記へダッシュです

リラクス殿といえば
彼の農場に居候中のお嬢さん
少し前から活動再開されたそうで、ちょこちょことお話させていただいております
春の寝覚めもやや過ぎて、初夏のそよぎに動き出す
冬眠ならぬ春眠ですね

近頃、散歩コースがまたヒトツ増えまして
不意に見つけました遺跡に時折、足を運んでおります
ひんやりとした石造りの世界
心地良さに呆としていたら、うっかり全てのボムを踏んでしまいました
見事に爆発させつつも運良く突破成りました

・・・実は湿ったボムが大半を占めていて、あまり爆発するものはありませんでしたようで・・・
け、結果良ければ何とやら、オールグリーンにございます

今宵の食卓はもるるちーたフルコース
梅のお嬢さんの故郷の料理だそうですよ
どんなお味でしょうかねぇ
総作料理は千歳もお好きですから、今度、習いに行きましょうか

温室での四連続人柱回避は成りませんでした

さて
次のお国はマリオン砂漠ことバルト騎士修道会
砂漠は初めてですからね、長雨に立ち合えれば良いのですけれども
楽しみにございます
posted by 夏山千歳 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

瞼の裏に映るもの

目を瞑るとぷにがめが浮かんできます
重症です

突発的に天の香具山に落書き漫画をアップしてみました
思いついたままに描いてしまいましたから、完成する見込みもありません
バース・ディというタイトルの項にあります

いえね、ちーた様のところに新たに追加されました「ぷにDEさめがめ」ことぷにがめをちょこちょこやらせていただいているのですが
何となくランキング入りの際にちぃミルの名で登録してしまいまして
そこからうっかり色々と妄想が膨らみまして
と申しますかぷにをてしてしはむはむぎゅーは萌えるんです(真顔
一枚絵扱いの落書きにした方が、お早いかしら
そして梅のお嬢さん勝手に使ってしまって申し訳無・・・ッ!

さてオルファンヌへの入国、完了致しました
まったりです
鬼のようにまったりです
入国管理所に不似合いな単語を飛び交わせてしまいましたが
うふふ
滞在期間も決めておらず、それが助長させているのかしら

何時までおりましょうかねぇ
水無月は何処へ行きましょうか
雨の音を聞き入る事のできる場所、何方か存じません?
たまには旅の行く先をお誘いしてくださる方は、いらっしゃらないでしょうか
posted by 夏山千歳 at 00:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月09日

唯今、出国準備中

今宵の日付変更後には国を発つ心積もりにございます
挨拶だけは済んでおりますから・・・最後に会議室を回って、湖畔を回って、勤務をして
そうしたら今度こそオルファンヌへ

花のお祭りとの事で、賞品などは農作物が多くございました
創作意欲溢れるパンに、甘い甘い桜餅、真っ赤な薔薇まで様々
久々に知恵の値が上がりました

追っかけと仰いますが、むしろ追い立てられの気分です
冗談です
流石に次のお国までは被りませんでしょうから、追いかけられ気分もこれで終わりでしょうか(笑

オルファンヌでは何方にお会いできるのかしら
何やら賭博開催中、との事
でも千歳が何よりも気になっておりますのは


何故 ハロウィーンの 国旗


・・・色々と積もり積もって曇り行く空を眺めながら
出国まで、あと数時間
posted by 夏山千歳 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

お花畑にて

春真盛り、花乱れる平原にてオハナボウを探すイベントがございました

未確認発光物に捕まえられたり
無造作に参加者様を捕まえてみたり
そしたらまことの愛を説かれたり
最後には網にかけられ、蜂に刺されそうになったり
オハナボウそっちのけで随分と遊ばせていただきました

そして個人的にツボでしたやりとりを勝手に掲載


■23日@千歳 夏山千歳

変わらず保護者ウォッチングを続けておりますと、何やら心配させてしまった様子。
・・・こんな図体(全長188cm)の男を誘拐できるのだろうか、と思いつつ。
何やら今度は花の少女に勧誘されております。
オマワリさんだそうです。
オマワリさんなら安心でしょう。
でも誤認がどうとか叫ばれております。
オマワリさんは大変です。

気が付けば、見知った背中があるじゃあないですか。
こちらにも気付いたようで笑顔で手を振られます。
赤毛がぴこぴこ跳ねてます。
跳ねてます。

「てやッ」

虫取り網で捕獲してみました、反射的に。
この青年、実にノリノリである。


■23日:ユキ ユキ・トーカ 

2人共いつもはお父様なの。
でも時々お母様なのよ^^

そうだわ、どちらかしら。
茉莉香.様どっ…あら?
茉莉香.様はどちらへ?(・・=・・)

木の棒で探してみればいのね。
木の棒…木の棒…(・・=・・)

あら、梅花様?
こんにちは、お久しぶりですヽ(^^*


―この娘、別の方向にノリノリである。


■24日:梅 紅・梅花 

あ、千歳さんがこっちに来ました〜

「千歳さん、お久しぶりでs・・」
「てやッ」

(ぶうんっ、バサッ)

物凄い高さから虫取り網がっ煤i ̄▽ ̄||)!!(188+100(網))

久しぶりに会えたと思ったら笑顔で何してるんですかっ(汗
このっこのっ私も網被せてあげる、あはは、って届かないっ

あ、ユキさんっ、また会えて嬉しいです♪
お元気そうでなによりなにより、ふふ(網被りつつ

―この娘、早くも趣旨を忘れかけである。




何 この 示し合わせたかのような三段活用



あ、問題がありましたら消します
posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月30日

桃色妖精

日々、湖畔の売店や草原に足を運んでおりますと
時には思いもよらぬ品を手に入れたり致します


.→NEXT
posted by 夏山千歳 at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月25日

出会いと再会

エージュも割合、近いものがあるのですけれども
北ハーバスでは出会うお人の殆どが全く面識がありませんで
久方ぶりに新しい出会いというものを満喫しております

エージュでは、それまで茶室イベントなどでお知り合いになりました方々が国内にいらっしゃったのもありましたからねぇ
でもあちらのお国でよりお近づきになれました方々も多くいらっしゃいますから、うれしうれしなのです

実は新規国家が開かれました頃
GRとデルモにこっそり一日入国をしておりましてね
今回の花祭りではその時にお知り合いになりました方と再会致しまして、非常にびっくりどっきりだったのです
その方のセンスがとても好きで、眺めているだけでも飽きません

再会と申しますと
エージュ滞在の頃、梅のお嬢さんと花祭りの話題があがりまして
互いに植物を愛する身なれば現地で再会しとうございますねぇと、約束を交わしましたのです
武闘大会でお忙しいかしらと思っておりましたが、不意に街中でお姿拝見しましてね
ふふ、嬉しくて嬉しくて、思わず虫取り網でひっかけちゃいました

・・・そうそう、貴方が良いなぁと以前呟いてらした桜の花
ワンズの森に今も咲き誇っているようですよ
千歳は直ぐにあちらのお国へ行けるかわかりませんから、もし旅の行き先が決まっていなければあちらへ行くのも良いかもしれませんね
posted by 夏山千歳 at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月22日

花と雪と酒の話

さて、北ハーバスこと観光都市リュミエールの花祭り
多くのイベントが連日連夜、賑わっております
どれもこれも魅力的なのですけれども、欲張って途中で破綻してしまってもいけませんからね
千歳は今のところ「オハナボウ探索」と「ピエールと団十郎」のイベントに顔を覗かせております
旅の道連れでもありますユキ嬢も参加しておりますようで
彼女にとって肌の合うお国だったのかなぁと思いながら、楽しそうなご様子にほっと一息
いつも千歳のわがままで連れまわしてしまっておりますから・・・お嫌な気分にさせているだろうとは思っておりませんが
それでもやっぱり嬉しゅうございます、えぇ

次のお国候補は以前から興味の絶えぬ花国ワンズか
瑞希殿のいらっしゃいますピンクの城壁オルファンヌか
それが今の候補にございますねぇ

とか書き連ねている間にも、新に宴会場が出来ましたご様子
・・・お酒・・・(’’*

お酒と申しますと
先のアクサスで顔を出していたイベントがヒトツありまして
最後まで参加出来ず出国したのを気にさせてしまったそうで、虹の御酒を頂きました
実は密かに大好きなお酒だったり致します
けれど如何せん高くて
旅人で農業を営んでおりません身ですと、貧乏暮らしが板についておりますから・・・中々・・
ですので尽きぬ感謝の気持ちと共に、ちびちびと少しずついただいております

更にお酒と申しますと
北ハーバスの名産はひよこ虫酒だそうです
ひよこ虫が入っているのではなく、ひよこ虫が作っているお酒だそうで
・・・近頃はひよこ虫でさえ手に職を得ている時代なのだなぁ、と
非常にしみじみしてしまいました
此方もまたちびちびといただいております、はひ(笑
焼けるようなアルコールが喉の痛みも連れ去ってくれれば良いのですけれど
posted by 夏山千歳 at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月19日

潮風の国の結婚式

かねてよりお誘いのありました結婚式に参列させていただきました
竜骨亭には人が溢れかえっておりまして、改めて皆がこの婚姻を祝福して・・・祝福・・して・・・・?
ま、まぁ、その、改めて白猫さんが皆に愛され、人望がお有りなのだなぁと思いました次第にございます

ほんに楽しい時間で
こんなにケモ率が高い式は、ついぞ見たことがございません
いえ、そこではなくて

正直な所を申しますと、千歳は此方の大陸に来てから、皆様に比べまだまだ日が浅うございます
共有できる思い出の数も思い入れの数も・・・とても少のうございます
白猫さんを大切な人と思いながらも、その思いは皆様に比べて軽いもの
ううん、当たり前ですけれど、こうして言葉にしてみると少し寂しゅうございますねぇ
だからこそ、これから先、思い出の数なんかに引け目を感じないくらいに交流を重ねたいとも思っておりますが(ぐっ
とと・・・話が逸れましたね
ですからね、千歳にはただ単純に祝福しか出来ないのです
それが良い事か悪い事かはわかりませんが

シャオ嬢、アンス殿、ご結婚おめでとうございます
どうぞお二方のご縁が末永く幸いなものでありますよう、心から願っております


以下、少々、湿っぽいお話につき注意

.→NEXT
posted by 夏山千歳 at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

潮風のお国では

yukata-to.jpg

絵札を釣り上げては自分自身の運の無さを嘆いてみたり
海風と花弁を眺めながらのんびりお話してみたり
入国管理所でミルクを沸かしたりしておりました

出国間際の噂ではうそっこ聖職者様とすれ違ったとの事
とても面白いお人で是非にまたお話してみとうございましたから、とてもとても残念です

さて次のお国は北ハーバス、花祭りです
桜はもう散ってしまいましたが花の季節はまだまだ続きますもの
白猫さんやこおにさんにお土産を用意せねばなりません
あぁ、サムシング・ブルーに基づいて青いものをお渡しした方が良うございましたねぇ

ぐあむ、とうとう本線出場選手が決まりましたようで
相変わらずのんびり観戦なのです
林田太陽様に100G(ぱち(言いたかっただけ


新しい国、新しい人々
千歳という個人をわかりやすくするために衣を改めてみました
絵師の間でご友人になったお嬢さんから頂いた品にございます
そうそう、指輪もそのお嬢さんから頂いたのですよ
世界にヒトツだけの千歳だけの贈り物

風のように消えてしまって・・・
渡し損ねてしまった浴衣が、手の中でとても冷とうございます
雪柳の葵の生地が

胸が締め付けられる想い
元気でいらっしゃるのでしょうか、千歳の知らぬ地で
覆いガラスの薔薇は貴方を守ってくださいましょうか
たった4つの棘で
posted by 夏山千歳 at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

はにはに

各所で見かけます診断というものに、今更ながら参加してみました
セットで遊んでみると面白いかもしれません
主に千歳が、ですけれど

■恋愛頭脳

此方から

一段階上がりまして高校生になりました
春です

■他人鑑定

結果一覧は此方から

ええと背後様からの視点でまずは鑑定していただいたようなのですが
千歳はペットだそうです
そしてほんわかだそうです
・・・ペット?

鑑定してやるぜ!という方は此方から千歳との相性を鑑定出来るそうなので、もしお気が向いたらどうぞなのですよ
結果は非表示にもできます
当初の千歳はその意味を理解せず、ご友人の所でやってみましたところ「何で千歳の名前が!?」と驚いたのはヒミツです
ヒミツですったら

・・・ペット?
posted by 夏山千歳 at 19:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月03日

手の届く範囲で

さて今更ではありますが
先月の末頃、デルモを出国致しました
既にアクサスへ到着
まったりと桜祭りの成り行きを眺めております

絵合わせに参加しておりますが、昔から狩りの運はこれっぽっちもありませんで
一日目は坊主
二日目はどうにか桜の枝葉と桜餅を
やれやれどうにかなりそうだと思いました三日目、またもや坊主

・・・先行き不安


エイプリル・フールは嘘をつき損ねてしまいました

それはそうとぱぱ(略)様こと家主の白刹殿がすっかり冬眠のご様子で
春だと申しますのにお城の中が静かでいけません
いけませんので家出しちゃいますよと駄々をこねてみました
たまには良いものですね、我侭というものも

何時も言っているじゃないかは禁句にございますよ
「めっ」しちゃいます


ぷにミル売れ行き好調過ぎます
先のは問題が難しすぎたのでしょうか
それとも虎視眈々とミルの変更をチェックされているのでしょうか
侮れません

虹の都のれっつごに背後様が素で吹きました


恐らく此処を見ては・・・いらっしゃらないでしょうけれど以下私信

お礼だなんて
むしろ千歳がお礼のつもりで描かせていただいたのですから、どうぞお気になさらずに!
飾られるますのも、どうぞご自由に
こちらこそありがとうございました(ふかぶか
posted by 夏山千歳 at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

流れるように歌は流れて

それは昨年の夏の事

噂だけを重ねて耳にしておりました歌詠の会
長く憧れだけを抱いておりまして
何時か参加出来ればと周囲に小さく漏らしたのが始まりだったのでしょうか
くるりくるりと話は巡り、くるりくるりと縁は紡がれ
この度、宴を開催していただく運びとなったのでございます

・・・で、合っておりましょうか?

春の夜の夢と申しますには賑やかではっきりした宴となりましたが
そういうのもとても楽しゅうございますし、大好きです
参加されていた方々も、日頃あまりご縁も無く
千歳が一方的に憧れております方々ばかりで、沢山お話できて楽しゅうございました

運営の皆々様、本当にありがとうございました
憧れだった空想を確かな時間としていただきました事
心からの感謝と喜びの言葉を贈らせていただきます

以下には宴にて千歳が紡がせていただきました歌を掲載しておきます
どれも拙いものではございますが、これもまた想い出のヒトツと為り得ましょう




.潮騒に 色を失くせど 雪月花 紺が波間の 水面咲きけり
posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

呟き

ひきつれる傷口を指先で撫でる。

激しく動けば容易く皮膚は裂けてしまうだろうから。
虎の背に乗って移動する。

熱っぽい身体、熱なんて無い筈なのに。
膿んだ鳩尾から溢れ出すものは何だろう。

急速に失っていくものがある。
と、感じるのは錯覚の気もするのだけれど。





例えば
時計の針のすすまぬ城の中
長く在ることに意義を見出す国
停滞した自分の部屋
そういうものがあると抜け出したくなるのです

よどんだ空気を入れ替えるために窓を開けました
だけれど、時折、無性に寂しくなる
・・・寂しくなる

何処かホームステイしたいと申しましたら
受け入れてくださる場所はあるのでしょうか
千歳がお傍に居ることが価値に思えるお人は
この世界にいらっしゃるのかしら

そんな妄想を繰り広げる午後
posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。