2012年07月30日

いきなり罰ゲーム伝説 〜これができても何も無い〜 【花魁生活一日目】

さて、そんなわけでぇ
サイイド殿こと、狼の旦那とエストレヤ嬢こと、星のお嬢ちゃん
お二方との賭けコロシアムでの結果、大体一週間くれぇの罰ゲームが決定しなんした

狼の旦那とは
わちきが勝てばバーテンダーの旦那
旦那が勝てば花魁のわちき

お嬢ちゃんとは
わちきが勝てば深窓のご令嬢のお嬢ちゃん
お嬢ちゃんが勝てば御国訛り(候補:津軽弁or博多弁)がついつい出るも頑張って直しながら話すわちき

つまりお二方に負けてたら


ついつい出る御国訛り(そもそも知らない)を直しながらも頑張って廓言葉(よくわからない)を使う千歳(花魁仕様)


っていう高すぎる難易度の罰ゲームになりかねん所でな・・・・・(真顔

結果としては、狼の旦那には負けたものの、星のお嬢ちゃんには勝利しなんしたから良しとしようじゃねぇか
廓言葉・・・も自分自身が使う分には馴染みが薄くて、どうにも辞書が手放せなくありんしたが

京のご亭主様を参考にさせていただけりゃ良いんだ

と気づいてからは、大分、話しやすく思えてきなんした
・・・素の口調より何故か男前になんだよなぁ(うん

ってぇわけで、葉月は五日までのお遊びだ
どうぞお見かけの際にゃ、つついて遊んでおくんなんしょ

サーヴィス・・・は、おさわりは100万からだが(から(天井は無い
お喋りの相手が欲しい時や、あまり上手くもねぇか酌に三味に歌に琴くれぇはできるからよ
気軽にお声をかけてくれりゃ嬉しいもんだ
さて

(三つ指ついて深々と頭を下げる

ようこそいらしゃりました、旦那様、お嬢様
浮橋花魁と申しなんす
嫉妬の橋に心をおいて、夢の一夜に橋かける
短い間の華の盛りではありんすが、どうぞ可愛がっておくんなんしょ

(顔を上げて、嬉しそうに笑った
posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/284423872
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック