2011年08月31日

旅日記

■葉月二十五日
たとえば、早朝の身を切るような水を汲み上げて
ささやかな朝餉を終えた後に迎える慌ただしい時間

冷たい風とは裏腹に、腹の中から温めるような日差しを受けて
きなりの手ぬぐいと幾つかの衣類を干す

夕暮れと共に帰る手には新鮮な牡丹の肉
根野菜を洗う手の汚れを笑って見詰められる

夏と秋が入り混じる満天の星空には、ぽっかりと穴が空いていて
今日は新月だね、と杯を交わして


(そこまで綴って、西瓜だよとの呼び声に青年は席を立った

■葉月二十六日
(ぱたぱたと駆け込んできた青年

(雨避けに被っていた夏衣の羽織りは、すっかり水を吸って重くなっていた

見事な雷雨にございますねぇ
大気中をふるわす轟音が、上天の光が、たたき付ける大粒の雨が、世界の全てを包みます

薄暗い野外と薄暗い屋内の境界を描くのは生暖かい暖簾だけ
しかし、それは確かに、世界と個人を切り分ける

こんな日は
嵐にさらされてみるのも悪くないかもしれない
夏の終わりの生温さを風が冷やしてくれる

名残惜しささえ胸の内に去来しますね


とは書きましたが、実際、濡れ鼠になりますとお風邪をひきかねませんので
良い子の皆様方は真似しちゃ駄目ですよ(笑

■葉月三十日
懐かしい一文を見つけた


皐月蒸す 霧雨に浮く 新緑と
つつじの薫る 狂おしい程

多分、私は幾つか大人になって
ありのままに感情を受け止める事が無くなった
貫くような憤りも、掻きむしるような悲しみも
若い頃より緩慢に受け取る事が出来るようになった

心燃える歌が、私を遥かなる高みに導く
しかし同時に呆気なく突き落とす事を知っている

私は欠けている
初恋の日に失った心は何処へいったのだろう
虚像は満月に姿を変える
それでも想う
願いは、時々、叶うと知っているから


きらめけ 世界中に
僕の歌をのせて

■葉月三十一日
傘をさすことを覚えても、打ち付けられている事に変わりは無い

10センチ先の雨脚を私は遠く眺める
身動きもとれぬ豪雨の中、私は歌を歌う

届け、届け、届け

傘を投げ捨てて生きてゆくには、この心は脆すぎた
だから馬鹿だと解っていても、歌い続けるんだ
明けない夜が無いように、止まない雨も無いのだと
深く信じさせてくれた人々がいたから


届け、愚直な気持ちを歌にのせて
posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月30日

旅日記

■葉月十八日
(癖の無い丁寧な字で、さらりと書かれていた

呼び水という言葉の美しさが、しみじみと胸の内に染み渡りました

私の一滴を耳にされたどなたかが呼応する
賑々しい日々を思い描いて、静かな日々に浸る

寂しさと幸せの間を行き来する

共鳴を待つ
胸の杯から零れおちた一滴の広がる波紋が届いた先にいらっしゃる「どなた」かの

呼び水という言葉の美しさに、しみじみと私の生を彩る

■葉月二十日
大陸に降り立ってから、初めてハルベルトを観戦致しましたが・・・

うわあああっ

凄い、凄いのです!
飛行機乗りさんの怒涛の勝ち抜きを鮮やかにいなす剣士さん
そこからは手に汗握る、文字通りの一進一退の攻防戦にございました!!

耐えがたきを耐える堅牢なる大将を地に伏せましたのは・・・私の大事な梅の花
私まで誇らしくなりましたねぇ

猫のお嬢さんのご活用が拝見できませんのは残念でしたが、とても楽しゅうございました
いつか千歳も、と夢を見つつ
おめでとう、そして、おめでとうございます!

ちゃっかり勝負にも勝てましたし、ね(笑

■葉月二十四日
気温はまだ揺れ動くそうですが
徐々に夏が終わりを迎えますね

私の生家に程近い村では梨の栽培をしておりました
このぐらいの時期になりますと盛りを終えた緑の青くささと、澄んでいながら甘い芳香が広がります

井戸水で冷やした果実を口いっぱいに含む
爽やかな汁気が私の血肉になる
夏は、私をあの土地に還らせる
私は、夏になれば何時だってあの家に帰られる

夢は今も廻りて 忘れがたき



(ぽた、と

(日記帳に一滴分のたわみ


フィール殿、おかえりなさい
ルディ嬢、いってらっしゃい
posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月29日

旅日記

■葉月十一日
(白い浴衣のやたら背の高い青年が一人

(細く余れた藁に紙垂のついた縄を緩く纏っていた

さて、お盆にございますね
初春と初秋の満月から始まった・・・との一説がございますようで
一方は正月に、もう一方にお盆に変化したようですね

満月は狂気を呼び起こします
正者も死者も等しく、月の魔力に引き寄せられます
だからこそ鎮魂の祈りを持って、祖霊の道行を正しく示しとうございますね

でも今を生きる方々も大切ですね(笑
剣霊のお嬢さんが早く良くなりますように

■葉月十二日
(日記帳に添えられたシロップを見付け、小さく笑む

(横にはちみつの小瓶を置いた

今宵は流星群がふるそうです
夜半から明け方までが見頃だと耳にしましたが、明日も油断ならないようで
楽しみにございますねぇ

ただし今宵の空には満ちゆく月がこうこうと地上を、天界を、照らします
眺められる方は月を背になさると良いそうですよ

■葉月十五日 
夏山は呪われた歴史にございました
望まぬ魔性の血肉から、安易な身を護る術を選んだ結果
護るだけでは無く力を欲し、数多くの業を背負いました
欲を自覚しなかったため滅んだ一族にございました

ただ普通に生きてゆきたかった
初代のその願いは、正しく人の夢だったのです

お盆も、もう終わりますね
私は今年も生き延びられました
今夜は十六夜
欠けた月を杯にうつしましょう
posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月28日

旅日記

■葉月四日 
(やたら背の高い青年は一生懸命垂れ幕を張り付けている

【*・゜゜・ *:.。..。.:*・゜梅花嬢いらっしゃいませ&弼嬢おかえりなさい゜・ ・*:.。. .。.:*・゜゜・*】



・・・よし!!(ぐっ

入国してから早数ヶ月
梅雨を越え、夏の匂いに郷愁を覚えながら
静かに、静かに日々を過ごして参りました
いつかどなたかが動いてくださる
どこかで、そう信じて止まない自分がおりました

日記帳の埃が払われ、そこには小さくも力強い文字が綴られていて
そういえば私は旅先で日記を書くのが好きだったと思い出させていただきました

ありがとう、猫のお嬢さん
きっと千歳が一方的にしか存じておりませんでしょうが(笑

■葉月八日 
二番目か三番目くらいに大事な事を書き損ねましたので日付を遡ってみます
ちなみに日記の内容は四番目にございます(真顔


とうとう立秋を迎えましたね
蒸し暑い空気にも、次第にひんやりとした流れが混ざりましょう

秋を告げるその名は、初風と呼びます
春一番と対ですね
悪戯者な春一番もお好きですが・・・千歳は初風の方がお好き

でも気をつけて
初風は時に大事なものをさらってしまうから


そうそう
十六夜も近くございますねぇ
どなたかお酒の相手をしてはくださらないかしら(笑

■葉月九日 
Σた、大作・・・っ
ありがとうございます!

(お礼の気持ちを込めて、小皿に煮干しを盛っておいた

(それから日記帳に、癖の無い丁寧な字で綴り始めた

時折、自らの周囲にはゼロとイチしか無いのではと夢想します
私はゼロ、あなたはイチ
自らにとっては唯一無二のイチであり、唯一絶対のイチに思えるのです

そんな時に停滞した空気を吹き飛ばすのは、ニから先です

ニやサンの存在を知った時、私の中には新しいイチが生まれます

それは、変貌したイチ
それは、成長したイチ


そして、あなたのイチ


邂逅は多かったのですけれどね(笑
近く、ご挨拶に伺いますね

きっと、近く、に(ぇー
posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月27日

心理テストバトン

何気なく過去の頁をめくっておりましたら、見つけましたのでリメイク回答してみます(笑

前回が2008年
お懐かしゅうございますねぇ・・・(しみじみ


※最初に回す方を5人

ルディ嬢
ジノ殿
弼嬢
小児科医さん
AN殿

結果付きの回答は、是非に答えてからご覧になられます事をオススメ致します
その方が楽しさ倍増なのですよ
過去にお答え済みの方もいらっしゃるでしょうが
よろしければどうぞですよぅ!

それにしても
なるべく元の回答は見ないようにして答えたのですけれど、被ってしまった部分もありますね
せ、成長が無いのでしょうか(アセ


1.「しかし」
それもまた善である
 
2.「やがて」
大輪の花が咲く

3.「ただ」
今は、あなたの傍に

4.「だって」
季節が巡るから

5.「そして」
私は地上へ還る

6.「水たまりは」
明日を映す

7.「あの子って」
どこいっちゃったのかしら

8.「今日の私は」
計測不n・・・冗談です(笑

9.「すこしは」
辛くなくなった?笑えるように、なれた?

10.「涙は」
数多のただ一人の為に

.→診断結果
posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | バトン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月25日

あきのけわい

長く愛用しておりました朝顔も、次第に枯れゆく時期になりましたね
そろそろ初秋のお洋服を仕立てましょうか
新しいお花もご用意しなくちゃいけませんね
撫子、カンパニュラ、金木犀を散らして

こら、青匂士、勝手に食べちゃ・・・・・ううん
それも良いのかもしれませんね

nadesiko.jpg

.→NEXT
posted by 夏山千歳 at 05:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月15日

十六夜

kaze2.jpg

夕月かかりて匂い淡し

・・・いえ、それは、春のお唄にございますね(笑


.→NEXT
posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月07日

残暑見舞い申し上げます

しかしてこの頁を書いておりますのは八月も終わりですと か ・・・!!

はい、かろうじて生きております
基本的に会議室に引き篭もったり内職に専念したりしております
9月こそ箱接続を目指しますので伝言はもう暫くお待ち・・・ください・・・っ(床に手をつき

今年の夏は気温差の激しい季節となりましたね
例年、続いた猛暑よりは良いような
身体を壊しやすく感じて良くないような

まだまだお暑い時期にございますから
どうぞ皆様、御身体にはお気をつけてお過ごしくださいね

というわけで一枚
内容はお中元風にございますが、元は残暑見舞いで考えていたものだったりします(笑

zansyo2.jpg

勝手に梅のお嬢さん、えへー
りっきーさんverは・・・文字入れは諦めましたので近々、加工してお渡しいたします orz


続きは各種サイズと、背後様がご友人に送られた暑中見舞いのおまけ
版権絵なので御注意を
.→NEXT
posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月01日

ちーちゃんとかりんりんのなつやすみ 〜ホームステイに来ました〜

拝啓。


夏の陽射しも盛りを迎え草花の成長も著しい季節になりました。
暑い日が続きますが御身に差し障りなどはございませんでしょうか。

極彩色のメッセンジャーに引き合わせていただいた、あの冬から随分と月日が経ちましたね。
覚えていらっしゃいますでしょうか。
古の大陸の夏山千歳と申します。

長くの不義理を失礼致しました。
先の戦役の処理も終え・・・人々の心に消えぬ爪跡はあるやもしれませんが・・・永寿は穏やかな日常を取り戻すことができました。
一重に伽藺殿のご紹介があったからに他なりません。
遅くなりましたが御礼申し上げたく、こうして筆をとる事と相成りました。

尽きぬ感謝の気持ちとして浴衣をお仕立てしたく存じます。
もし宜しければ一週間ほど、そちらにお邪魔させていただけないでしょうか。
勿論、お仕立てした物を空輸してお渡しすることも出来ますが、是非にお似合いになる反物から選ばせて頂きたいと思ったのです。

急なお願いになってしまい申し訳ございません。
御一考頂ければ幸いです。

つつがなく四季世、豊かにあらせられますよう。

敬具。


.→NEXT
posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 背後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする