2010年05月24日

雪解けの季節に君に綴る事 (軽い手紙)

「こっちは・・・暑いな」
強い日差しに男は眉をひそめる。
サングラスの下には痛みを堪えるような赤色があった。
日を避ける、もう片手には黄ばんだ便箋。
何枚もの紙が透け、厚みを持ったそれを大切そうにポケットにしまった。


よう、久しぶりだな
元気にしてたか

・・・?

お前さんは会う度に変わった格好をしているが、モルモットの仕事とやらは随分と変わっているんだな
まぁ、その様子だと楽しい事も多いようで安心したよ

(薄く笑い、子供にするよう頭を撫でる

手紙ありがとうな
いや、あいつの代わりに、じゃなくてな
兄として感謝している

あっちも、なんだかんだでお前さんと話が出来て嬉しいようでな
書いては書き直しての繰り返しで中々、筆が進まないと歎いていたよ
・・・でも嬉しそうだった
うん、お察しの通り、あいつからの返信だ
受けとってくれ・・・あぁ

(開封しようとする手を止めて

かなり長い内容らしいし、恥ずかしいのもあるそうだから後で確認してくれ
万が一、不備があったら言ってくれりゃ良いから

さて
そろそろ医師殿から返して貰わなきゃならんし失礼するよ
ん?何をかって?
俺のダイジなものさ・・・なんてね

(悪戯っぽく目を細める

(トレードマークのサングラスは常とは違うものだった

それじゃあ、また


(黄ばんだ封筒にはムロマチ語で宛名が記されている

柳 伽藺様へ

(前回と変わりなく所々いびつだが・・・丁寧で癖の無い字だった


(開封してみると、手紙と共に小さなクローバーが幾つか入っていた


.→手紙
posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 火の鳥の手紙、又は手記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。