2010年02月22日

015:ガール(21世界SUZUTO)

UFOを 追いかけた 君と手を繋ぎ
大人は知らない ボーイ・ミーツ・ガール


posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠 参 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

014:接(21世界SUZUTO)

接点は 一度 話したきり、だけど
真摯だった ただ、それだけの


posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠 参 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

013:元気(21世界SUZUTO)

大丈夫 そう言うと 心配そうね
元気と言えば 笑ってるのに


posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠 参 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

012:穏(21世界SUZUTO)

「顔は見た?」 「うん、綺麗だった、穏やかで」
「そっか、良かったね」 「うん、ほんとに」


posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠 参 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月18日

011:青(21世界SUZUTO)

唇を 噛んで青ざめ 震えてる
小さなこぶし 返答を待つ


posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠 参 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

010:かけら(21世界SUZUTO)

甘党の 君と来た ケーキバイキング
かけらを舐める 甘い、甘いね


posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠 参 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

009:菜(21世界SUZUTO)

連れ合いと 旅行を少々 房総の
菜の花畑を リクエストでね


posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠 参 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

008:南北(21世界SUZUTO)

私たち 観察したわ 南北の
星を、それぞれ 背中合わせで


posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠 参 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

007:決(21世界SUZUTO)

甘く濁る 風を嗅(き)いた 決別は
部屋の広さを知る 日曜日


posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠 参 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

006:サイン(21世界SUZUTO)

貴方から サイン コサイン タンジェント
教わったから 今でも解ける


posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠 参 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

005:乗(21世界SUZUTO)

数式で 示せと言うなら 答えよう
愛の二乗じゃ 収まりきらない


posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠 参 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

004:疑(21世界SUZUTO)

あれはなに これはどうして 聞くたびに
疑問の数だけ 世界は広がる


posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠 参 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

003:公園(21世界SUZUTO)

新しき 土地で見かけた 公園に
萌ゆ嬰児の 母を呼ぶ声


posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠 参 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

002:暇(21世界SUZUTO)

在りし日の 家族サービスに 追われた
日々を懐かしむ 余暇ばかりの日


posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠 参 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

001:春(21世界SUZUTO)

水を飲む 部活終わりの 放課後は
空の澄みきった 小春日和


posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠 参 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

徒然 41


何時だって、私だけを見てくれる人が欲しかった

かいな、におい
与えられてきたものを私は断ち切ってきた
そして夜を越え、これからは一人で生きてゆくのだと思い込んだ

私の旅路を話したい
これまでも、これからも
その為に私はドアをノックする
彼女の部屋のドアを


(部屋に紙が一枚

「伝言は背後様忙殺期間が終わるまで、お待ちくださいませ」


(ほてった顔で布団に潜り込んでいる

(部屋の入口には貼紙

「体調不良につき、まったりモードご用件はムーンまで」

(すぐ傍にはちーミルが一体、待機している・・・


気持ち良さそうに背伸びをする
雨戸も障子も開け放す
久々の日差し、冷たい風に笑みを浮かべた
「んー、元気元気!」
床の間に飾られている饅頭も優しげに見守っている

■梅の薫りの手紙にキス
posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

徒然 40

ほ、と息をつく。
それまでの長い長い経緯をようやく書き終え、青年は背伸びをヒトツした。
殆どが夢の中の出来事だからこそ夢遊の記憶を辿る作業は、曖昧さの中に正しさを見付けねばならず、多大な疲労を覚えた。
「これで良いのです」
金木犀の薫りがした。


彼の青年は金木犀の薫りがする。

『はんだ』ものとの境界を曖昧にする精霊、青匂師の影響により、彼からは多大に植物の匂いがする。
花や果実に止まらず、樹皮や苔や青草や。

けれど花が散ろうとも彼の青年からは金木犀の薫りがした。
それは夏山の血潮を流れるマナが生み出す蠱惑の薫りだった。


此処は平たい倭様式の離れ。
柚子の香りがする部屋で青年は黙々と刺繍をしていた。
畳の上には色とりどりの布地。
桐の箱には大切そうに納められた幾つもの宝石。
そんな万華鏡のような部屋で、ただ熱心に針を動かし続けていた。


ふと針仕事の指が止まる。
床の間に飾られていた花瓶には紅白の花が飾られていた。
咲き誇る薔薇、凛と咲く鈴蘭。
どちらも同じ家族から贈られたものだった。

花という選択は、贈り物としてのセオリーだからか。
花好きの自分を思いやってくれたのか。
それとも・・・彼女からの影響だろうか。


花は散る、花は咲く。

それは永久に変えられぬ世界の道理。

やがて春を迎える新芽にも、いつか開花の時が来る。

最後まで好きと言えなかった、けれど、それで良かった。
posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

【恋愛バトン】

(確認した限りでは)ちーた様、梅のお嬢さんから頂きました

さらっと答えて見ようにも、どうにも思いつく答えが真面目と申しますか重い
んー、その辺は、もう諦めてみましょうか(笑

.→NEXT
posted by 夏山千歳 at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | バトン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

デザイン教えてくださいバトン@OL

ユキ嬢の日記の、異大陸の方から拾ってきました
バトンのコンセプト的に背後様仕様でいってみたいと思います
まずは夏山千歳編から

.→NEXT
posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | バトン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

デザイン教えてくださいバトン@NL

今度は殆どの人に馴染みの無いNLの彼でいきます(笑
同じくバトンのコンセプト的に背後様仕様
ティル・ラーポット編


.→NEXT
posted by 夏山千歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | バトン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする